非日常の体験|世界を引っ張る日本の技術力!エロ漫画の魅力に迫る!

世界を引っ張る日本の技術力!エロ漫画の魅力に迫る!

非日常の体験

机の上のPC

エロ漫画を実際に見たことがある方は、どのように利用していましたか?
ただ純粋にエロ漫画が好きで読んでいるという人も多いと思いますが、オナニーの材料として利用していたという人も多いでしょう。

漫画やアニメの特権として、現実世界にはない世界観を描くことができるということが挙げられます。
有名なものでいえば「触手」がそれにあたるでしょう。
「触手」とは植物のツルのような形状をしていて、人が手を自由に操れるように、触手をもつ生物も触手を自由に動かすことができます。
タコやイカなどの軟体生物の手足を想像してもらうとわかりやすいかもしれません。
作家さんによって、また作品によって、その形状や色はもちろん、その触手がもつ特性なども異なります。
たとえば、ヌルヌルとした触手もあれば、硬く太い触手、とげのような突起物のある触手……などなど、さまざまなものがあります。
これを使って女性を(BL系の場合は男性を)苛めて辱めるのです。

こんな触手が現実にあるはずがありませんよね。しかし、エロ漫画の世界には確かに触手が存在します。
現実にはないものですが、その非日常感があるからこそ性的な興奮をするという男性は多いのです。
興味があれば、ぜひエロ漫画を読んで非日常感を体験してみてください。